新年2007年01月01日 00時02分55秒

ザルツブルグとベルリン2007年01月04日 11時11分11秒

暮れに 2つのコンサートの放送がありました

ザルツブルグ復活祭コンサートとベルリンフイルジルベスターコンサート
どちらもピアノ協奏曲は モーツァルト
ピアノは内田光子さん

ザルツブルグでは25番 指揮はムーテイ
ベルリンのジルベスターは20番 指揮はラトル

25番は軽やかなさっぱりしたモーツァルトでした
20番は ラトルvs内田 という様な スリリングな演奏 曲目が違うのでそう感じたのかもしれませんが
20番の演奏が終わった後 内田さんが やったぁ〜 という顔をしていたのが微笑ましかった 会心の出来だったのではないでしょうか
でどちらもカデンツァは内田さんのオリジナルなのでしょうか

二つのコンサートとも 世界の有数な演奏者が招かれる所 鮮やかな芥子色のドレスでの華やかな演奏 内田光子さんも世界的ピアニストになりました

内田光子 こんな人

ジャズのゲンダイ音楽か〜スタンス2007年01月13日 22時24分45秒

artisanさんおすすめの向井滋春さんの『スタンス』というCDを聴きました
向井さんは トロンボーン奏者 あの“のだめ”の舞台となった音大で先生をしているということですね(あのドラマの舞台 うちの母校の名前もあったのですが 校舎は使われてなかったような)

曲は向井さん作曲のオリジナル曲がほとんど
トロンボーンは クラッシックでは シンフォニーの曲中でソロが出てくる事はありますが ソロであまり聴く事がないのです
トロンボーンは ピアノのように そこを押すと決まった音が出る というわけでもなく 管をスライドさせて音程を作るのですよね
そうした事をふまえて聴くと 細かい音列が続くのは 難曲ということで それを演奏出来るのはテクがある という事でしょうか

ジャズは聞き始めたばかりで 詳しくは知らないのでですが こういう曲のジャンルは フリージャズというのでしょうか
楽譜があって音とコードが書いてあり いつも同じように演奏すろというわけでなく その場その場での即興のように
CDの曲も コンサート(ジャズではライブと言うらしい)ではまた 違うように演奏されるのでしょうか

一昔前 “ジャズのライブに行かない?”とお誘いを受けた頃は ジャズ=山下洋輔 ピアノを壊すような というイメージがありました
“行かない”と言うと
“あれは フリージャズ 行くのはスタンダードジャズ”ということで
聴いたのは 世良譲のピアノソロ
渋いでしょう
リクエストした『ペーパームーン』を弾いてくれました

フリージャズは クラッシックでいうと ゲンダイ音楽の様なものでしょうか
向井さん 写真で見ると 往年の二枚目俳優 草刈正雄みたい

artisanさん あと 辛口チェック よろしく


音の響きは柔らかく まるで木管のような響きでした(1/22)感想忘れたので

オーケストラを救えるか〜クローズアップ現代2007年01月17日 20時30分02秒

今 全国のオーケストラが深刻な経営危機に直面している。財政難から自治体や企業が支援を減らしているためだ。オーケストラは存続できるのか、舞台裏と課題を検証する


という副題で 国谷さんのレポートと堺屋太一さんの話

関西ではオーケストラを統合させようという動き 関東では県が財政難で 団員の給料を3割カットするという所も
東京では すでに オーケストラが合併吸収された所もありますね

堺屋さんのアイデアは 野球やサッカーを例に出して 地元に密着させる ここが一番 というものを作るという事

オーケストラは スポーツと同じように競い合いをして 日本一を決める というようなものではないのですが 地方の特色を出すという事は 出来るかもしれません
どこでも同じ曲を演奏していては わざわざ遠い所まで聞きに行かないでしょう

地元の学校を回って コンサートをするというのは もう20年ぐらい前から 新聞社や放送局や役所からの支援がないオーケストラは やっていることです
地震で被害を抜けた山古志村を バイオリンの川畠成道さんが訪ねた時のドキュメントを見ましたが 村人達が“初めて生のコンサートを聴きました”と言っていました
まだまだ 回り足りないのかもしれません

欧米のオーケストラも 国や州 おだいじんの支援がなければやっていけないそうです

それでも 日本とは財政支援の額が違いますし 個人で支援すると税金がやすくなるとか 色々な利点があるそうです
日本ではそういう制度がないようですから おだいじんは競馬馬を買ったり ぽるしぇを買ったり 文化にはお金を出さないようですね

根本も変えていかないと 現場だけの行動では 限りがあるように感じます

支援があればチケット代も安く出来るし 親子で聞きに行く事が出来るようになります
6千円もするようなコンサートでは 子供連れではなかなか行けないですよね

地元の文化会館主催のコンサートに行ってみると 3千円で空席が多く それでも市主催だからいいのかもしれないのでしょうが(よくはない 赤字は市民税から取られるかも)千円にして親子3人で聞きに行けた方がよりよいようにも思うのですが

まだまだ 改良するところは たくさんありそうです