ピアソラへのオマージュ/クレーメル2008年10月16日 14時05分28秒

ブームになったピアソラの火付け役は
バイオリニストの ギドンクレーメル

小松亮太が 始めにリズムありき という演奏をするのに比べると
クレーメルは バイオリンのメロディーありき という演奏
大きく揺れることのない 一直線だが 硬くなく
何本もの糸をより合わせたような ふくよかな1本を感じる

クラがうまいなぁ と思ったら ポールメイエでした

タンゴというより 現代音楽の一枚 と言ったほうが良いかもしれません

クレーメルが取り上げるまで 誰も知らなかったピアソラ
その後ヨーヨーマなども演奏してCMにもつかわれて いっそう有名になりました
ひとえに このCDのおかげというものでしょう

ピアソラへのオマージュ /ギドン・クレーメル /1996

ピアソラへのオマージュ2/el tango2008年10月18日 20時27分28秒

artisanさんおすすめの
クレーメルのピアソラシリーズ第2弾

解説にありましたが
ピアソラを最初に取り上げたのは バレンボイムだったそう
アルゼンチンのブエノスアイレス生まれで
子供のときからタンゴを聞いていたようです

第2弾は 編成も 歌あり ギターあり 語りあり と
曲調も 前作と比べ よりマニアックになったという印象

ピアソラへのオマージュ2/el tango/1997/

2008神田古本市2008年10月28日 21時00分21秒

昨日から始まった神田古本まつり

地域は神田と神保町と2箇所あり
平日は神田の方が 靖国通りの歩道沿いに出店しています

11月初めの連休3日間は 神保町すずらん通りで

平日の昼間ですが男性の姿が圧倒的に多いです
ガラガラを引いた人 両手に抱えて「まだまだこれくらいなら大丈夫」

“本離れ”などと言われていますが 皆 本読むじゃないですか
一発で消えていってしまう本もたくさんあるのでしょうが
いい本なら皆読むんですよね きっと

公式サイトはこちらhttp://www.navi-bura.com/