ヴィラロボス ブラジル風バッハ全曲演奏会2009年08月22日 22時40分51秒

09-8-22に東京オペラシティで行われた
『ヴィラロボス没後50年 ブラジル風バッハ全曲演奏会』に行きました
山の作曲家近藤浩平氏のお誘いでした


ヴィラロボスといえば ピアノ版しか知らなかったのですが
管楽 合唱 オケ 弦楽合奏 独唱とそれぞれの編成で
全部で9曲ありました

それを一日で全曲演奏しようという試み
本国ブラジルから来た指揮者ミンチュクさんも
「本国も含め 初めての試み」と言ってました

2時開演で終了が7時
途中休憩はあるものの
演奏時間は4時間に及びました


“バッハ”とつくだけあって
超現代曲な曲ではなく 
厚い弦楽の和音と対位法に 
メロディックな流れが組み合わされたものでした

ピアノ協奏曲もピアノが指揮者の前の位置でしたが
バッハのブランデンブルグのような形式
という説明(←山の作曲家さんの)

全曲を一気に聴くことで
ヴィラロボスの流れがよくわかりました

司会進行の加藤昌則氏の話も流暢で面白く
演奏者も多岐にわたり
フルート斉藤さん ファゴット黒木さんを初めとして
ソプラノの中島さんピアノの白石さんもとても良い演奏でした
代表的な演奏家の演奏は水準の高いものでした

(ヴィラロボス ブラジル風バッハ全曲演奏会
09-8-22に東京オペラシティ)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kokoni.asablo.jp/blog/2009/08/28/4544056/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。