mozartの顔2011年11月24日 22時14分29秒

モーツァルトの妻の姉アロイジアの夫ランゲが書いた
『モーツァルトの顔』の絵が日本で初めて公開された

日比谷にある第一生命ビルのギャラリーで19日から明日まで開催されている
そのほかにも キラキラ星 トルコ行進曲の自筆譜
ナンネルの音楽帳 バイオリンソナタなど数点

映画や舞台での『アマデウス』の一場面で
コンスタンツエがサリエリのところに
モーツァルトの楽譜を見てくれと持ってきた場面があった
開いてみるとどこも間違いを直したあとがない
それを見てサリエリが奈落の底に落ちたような衝撃を受ける
あの場面がアマデウスの一番の象徴だったようにおもう
そしてその通りに 楽譜のおたまじゃくしは整然と並び
美しい という様相で書かれていた

ロビーでは 時間になるとコンサートが開かれる

本日の演奏はピアノフォルテ
Op.1を聞いただけでも
モーツァルトになったのではない
モーツァルトとして生まれたのだ
と思えるような曲
後年書いたピアノソナタの片鱗がみえた

キラキラ星変奏曲

幻想曲
は 後半長調になった部分で終わらないで
冒頭の短調に戻ったところが付け加えられた
この長調の部分はジュスマイヤーが書いたとされるという説もある
長調で終わったほうがモーツァルトらしいように思う

トルコマーチの付いたソナタ
マーチの冒頭「シラソラド」の「シ」を短前打音で短く弾いた
昨今の古楽や音楽学の説なのか
ちょっと前のめりにつっかかるような感じに聴こえた

会期は明日まで
コンサートは18時から弦楽四重奏が予定されている

そういえば 今は晴海に移ったホールがここにあったとき
コンサートで弾いたことがあった
古めかしいホールだったが
由緒正しい場所だったのでしょう
何を弾いたか思い出そうとしたが
たぶんメンデルスゾーンだったような
高校時代の話ですが。。。

(モーツァルトの顔/第一生命ビル/2011-11-24)