ピアノマニアとは2012年02月08日 21時48分23秒

ピアノマニアというのは
調律師の事そしてピアニストの事 どちらも
映画を見終わった後 そう思った

ピアノ調律師のシュテファンのドキュメンタリー映画
エマールの弾く難曲フーガの技法
堅いばかりでなく 途中にはコミックショーの場面も挟まれて息抜き


コンツエルトハウスには
舞台裏のそこここに 何台ものピアノが無造作に
(見た感じだけでは)置かれている 

ピアニストは 調律は調律師まかせ
じゃ、お願い と

エマールはそれでは済まされぬ
二人のバトルの様子が細かく描かれている

録音は本当に大変
生なら良くも悪くも1回こっきり
録音なら生と違って取り直しもできるけれど
録音はずっと残るから というプレッシャーが調律師にもあるようだ

今度調律頼む時は細かく 注文しよっ、と

(ピアノマニア/シネマート新宿)
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20111029_8318.html

浪漫的なベトコン2012年02月18日 11時02分50秒

『ピアノマニア』の続きで エマールのベトコンシリーズのCDを聴く

3番はよく音大生でも弾くけれど 
これが大変美しく 浪漫的に弾いている
弾き飛ばされた演奏ばかり聞いていたから
こんな良い曲だったんだと再認識した
最後は決然と終わった感じもいい

4番は5曲中ではロマンティックな曲におもわれる
曲自体オケとピアノがうまく混合されていて
ベートーベンの成長ぶり、と言っては失礼だが
が うかがえる

映画中でも言われていたが
1,2番では エマールのタッチの強さがよくわかる

ボチェッリ イン ニューヨーク2012年02月29日 21時32分31秒

偶然チャンネルを回したら(回すは古い。。今はピッ)
今日はwowwowが大盤振る舞い
昨年秋にニューヨークで行われた
ボチェッリのコンサートを無料放送していた

前半は見逃してしまった 
最後のクレジットでは
トスカやオーソレミオなどのイタリア歌曲も歌った模様 

後半から鑑賞
ニューヨークをかなり意識した選曲で
オペラより軽いもの
ゲストもデイヴィッド・フォスター、トニーベネット、
クリス・ボッティなど洋楽に詳しい人にはよく知られている顔ぶれ
〝ニューヨークニューヨーク〟〝ボラーレ〟など

セリーヌ・ディオンとの
君と旅立とうは
CDにも入っていた

アメイジンググレイスなども歌った
野外でのライブなのでマイクを使って、
トークをしながらの歌唱だったが
声の張りは生き生きしていた

最後は 誰も寝てはならぬ で大盛り上がり
2011年9月は ニューヨークはもう寒いのか
客席が映るとコートなどを着込んだ姿があった

どの曲でも観客が一緒に歌える
そんな歌があるのはいいね

DVDでも発売されている
http://listen.jp/store/cddetail_4988005691248.htm