コチシュ・ゾルターン2016年12月18日 23時56分46秒

先月死去した ハンガリーのピアニスト、指揮者、
コチシュ・ゾルターンの
一年間の活動を 日記形式で書いた 『コチシュ・ゾルターン』

著者で批評家の日記と コチシュ自身の日記とをうまく並べている

ピアニストから指揮者へ の道
友人としてのラーンキ との交流 など
ラーンキとは仲良かったんですね
家族も大事にしてる

コンサートのために 愛車で ヨーロッパ中を走り回っている様子が細かく書かれている

コチシュファンには必読