パンドラの箱2017年07月19日 23時52分11秒

藝大の美術館所蔵の 展覧会

数十年前 中学同級生が 在籍していた頃に行った所は
木造でただ作品が並べてあっただけだったが
独立行政法人になってからか
立派な美術館を造った

名だたる画家の宝庫であるので
作品も盛りだくさん
第1期は 彫刻が多かった
彫刻 は制作がほんとうに大変な事だと感じた

mozartの顔2011年11月24日 22時14分29秒

モーツァルトの妻の姉アロイジアの夫ランゲが書いた
『モーツァルトの顔』の絵が日本で初めて公開された

日比谷にある第一生命ビルのギャラリーで19日から明日まで開催されている
そのほかにも キラキラ星 トルコ行進曲の自筆譜
ナンネルの音楽帳 バイオリンソナタなど数点

映画や舞台での『アマデウス』の一場面で
コンスタンツエがサリエリのところに
モーツァルトの楽譜を見てくれと持ってきた場面があった
開いてみるとどこも間違いを直したあとがない
それを見てサリエリが奈落の底に落ちたような衝撃を受ける
あの場面がアマデウスの一番の象徴だったようにおもう
そしてその通りに 楽譜のおたまじゃくしは整然と並び
美しい という様相で書かれていた

ロビーでは 時間になるとコンサートが開かれる

本日の演奏はピアノフォルテ
Op.1を聞いただけでも
モーツァルトになったのではない
モーツァルトとして生まれたのだ
と思えるような曲
後年書いたピアノソナタの片鱗がみえた

キラキラ星変奏曲

幻想曲
は 後半長調になった部分で終わらないで
冒頭の短調に戻ったところが付け加えられた
この長調の部分はジュスマイヤーが書いたとされるという説もある
長調で終わったほうがモーツァルトらしいように思う

トルコマーチの付いたソナタ
マーチの冒頭「シラソラド」の「シ」を短前打音で短く弾いた
昨今の古楽や音楽学の説なのか
ちょっと前のめりにつっかかるような感じに聴こえた

会期は明日まで
コンサートは18時から弦楽四重奏が予定されている

そういえば 今は晴海に移ったホールがここにあったとき
コンサートで弾いたことがあった
古めかしいホールだったが
由緒正しい場所だったのでしょう
何を弾いたか思い出そうとしたが
たぶんメンデルスゾーンだったような
高校時代の話ですが。。。

(モーツァルトの顔/第一生命ビル/2011-11-24)

こうしてゴッホになったのか2010年11月04日 22時39分52秒

国立新美術館で開催中のゴッホ展に行った
ゴッホに影響をあたえた画家達の作品も 時代ごとに展示されていた

オランダにいた時の茶色や暗い色調だった絵が
パリに出た途端 明るい淡い色に変わっていた
さほど 住む環境は大事なものだ

ゴッホの寝室が再現されていた
狭い部屋にベット
窓は一つ
ここから何を見て 何を思って描いたのだろう

アルル時代は独自色が出ている
縁取りをした絵はゴッホのタッチで描かれていた


平日開館すぐは 待ちの列もなく入ることが出来た
絵の周りは人垣が出来ていたが
混んでる というほどのものでもない)

(没後120年 ゴッホ展 国立新美術館(乃木坂)~2010-12-20まで)

大地震はおこる~東大地震研究所一般公開講演2008年07月30日 21時19分29秒

東大地震研究所の一般公開に行きました

午前中は研究所 内で展示と 修士生や研究員の方々の実験
午後は安田講堂で
火山噴火予知、地震予知の研究をしている先生の講演会

火山予知の回は ベスビオ火山を例にとった話でした

ベスビオ火山の噴火は 数時間のうちに町全体を灰で埋め尽くしたそうです
ナポリとポンペイには15年ほど前 訪れたことがありましたが
発掘されて再現された町並みは 石畳 公衆浴場 裁判所まである
大変近代的なものでした

地震や噴火の研究は 歴史を紐解く考古学と同じものだと感じました
発掘して 地層を調べ 美術品が出てくれば再現していく
その中から情報を取り出して 論理をすすめていく

講演者の藤井先生の話は無駄のない的を得た話し方で
思わず引き込まれてしまいました
素人にも大変わかりやすく話をしてくれました

地震予知は できるそうです
所内の展示の場でも 担当者がそう言っていました
場所もわかるそうですが ただ 起こる時期の誤差が 20年ぐらいある
それが期待されてないゆえんかなぁ とも言ってましたが

地震予知の講演者は佐竹先生
予知するためには 過去に発生した地震を調べることだそです
やはり 歴史 なのですね

プレートがあるところは変わらないので  地震は同じところに起こる
日本は歴史があり書き留められた書物も多いので
古文書などでいつ どこで どのような規模で起こったかを調べる
文字を持たない地域では “地震があった”と言い伝えられてきた事を
遠く離れた日本でも“地震もないのに海が高くなった”
などと記載されている書物と引き合わせてみて
それはこの地震の津波だった と 決定付ける

ただ 起こる時期は 何十年 何百年の間に起こる
としかわからないそうです
1,2ヶ月前にわかるということはない
スマトラ地震の際は その年の地震学会で
後100年後の間に必ず起こる と 予測した
その10日後に 巨大地震が起こったそうです

なかなか むずかしいものですね
今は何秒前かにはわかるようになり
緊急地震予測速報なども出ることになりましたね

海底地震計や さんごを使った研究や いろいろ世界中でやっているそうです
研究は とても 進んでいるようです

よかった

08-7-30東大地震研究所公開講座「大地に刻まれた歴史」